株式会社Karigo

起業、独立、開業のビジネスツール、サービスは株式会社Karigo

春になる前にやっておきたい花粉症予防対策

花粉症予防

花粉症は、花粉やダニ、ハウスダストなどの異物が原因となって引き起こされるアレルギー性鼻炎の一つで鼻水や鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみとなって現れる疾患です。
花粉やダニなどは1年を通して飛散してますが特にスギ花粉が舞う2月中旬から4月初旬が、花粉症を発症する人が極めて多い時期と言われています。

ホントに辛い!花粉症の症状

主な症状に鼻水や鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなどがあります。
鼻づまりは血管を拡張することによって鼻にふたをするため、鼻水は入ってきた異物を外に洗い流すためと、体を異物から守るために不快な症状を発生させています。
つまり、花粉症の症状はとても不快なものではありますが私たちの体にとって大切な防御反応です。
しかし悪化すると仕事にも影響が出てきます。
夜も眠れず睡眠不足になり仕事に集中出来なくなったり、相手に不快感を与えてしまうかもしれません。

花粉症の予防策は?

まず、まだ症状が出ていない人のための予防策は「規則正しい生活習慣」「悪化の前の初期療法」が土台になります。
花粉症の発症や症状の悪化の一因と言われる免疫機能の低下を防ぐために規則正しい生活と十分な睡眠、そして適度な運動が大切です。
鼻やのどの粘膜を正常に保つために、風邪をひかない、過度の飲酒をしない、といったことも大切です。
予防的に抗ヒスタミン薬などを服用する「初期療法」という早めの治療は完全な予防にはなりませんが症状を軽減させる効果は期待できます。

既に花粉症の人は?

すでに症状が出ている人が悪化を防ぐためには、花粉を「つけない」「持ち込まない」「こまめな掃除」の3つがポイントです。
外出時は、マスク・メガネ・帽子の着用で吸い込む花粉の量や頭や顔に付く花粉を減らすことができます。
ウールなどの花粉が付着しやすい衣類は避け綿、ポリエステルの衣類がベターでしょう。
帰宅したら衣類や髪の毛などに付着した花粉をよく落としてから家に入りうがいや洗顔でのどや顔に付着した花粉も洗い流しましょう。
室内に持ち込まれた花粉をなるべく減らすためにこまめに掃除機をかけます。
換気のさいは窓を全開にせず短時間にするなど注意しましょう。

花粉症の人にはつらい時期ですが、予防・対策で乗り切りましょう。