株式会社Karigo

起業、独立、開業のビジネスツール、サービスは株式会社Karigo

3分でできる!キーワードプランナーの使い方をマスターしてSEO対策をしよう

Googleキーワードプランナーで検索ボリュームを調べよう

SEO対策で必要なのが、キーワードの選定です。
自身のサイトが狙うキーワードが、市場ではどれくらいの需要があるのか、徹底的にリサーチしましょう。
もしもあなたが多くのコストを掛けて対策してきたキーワードが、市場ではほとんど需要がない検索ワードであった場合、掛けてきたコストはほとんど無駄になります。

検索ボリュームをあらかじめ調べ、それを考慮してキーワードを選定することは、Webマーケティングにおいて、とても重要なことです。
キーワードプランナーを使えば、Google検索で、なんのキーワードがどれだけの需要があるのかを調べることができます。
Googleが提供している無料のツールなので、気軽に試してみましょう。

Google AdWordsキーワードプランナーの使い方

キーワードプランナーの利用を始める

まずは、Google AdWordsにログインして、上部ナビゲーションから「運用ツール」>「キーワードプランナー」>「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」を選択。

キーワードの検索ボリュームを調べる

宣伝する商品やサービスというフォーム内に、自身が調べたいキーワードを入力します。
空白スペースを使って、複数のワードを入れることもできますが、今回は「バーチャルオフィス」というワードを入れてみます。

キーワードを入力し、「候補を取得」を押しましょう。すると下記のような棒グラフと表が表示されます。

青い棒グラフが、月間の検索ボリュームの推移で、最大2年前まで遡って計測することができます。
グラフの下部、「広告グループ候補」と「キーワード候補」のタブがありますが、「キーワード候補」のタブを表示させてください。

検索語句と関連キーワードの検索ボリュームが、ズラッと表示されました。
この表を基に、キーワードの選定を行いましょう。

キーワード選定のポイント

重要視するのは、「月間平均検索ボリューム」「競合性」です。

「月間平均検索ボリューム」とは、そのキーワードが1カ月に何回くらい検索されているかの大体のボリュームです。

「競合性」とは、そのキーワードにコストを使って、検索を上位に表示をさせようとしているサイトの運営者の競合性を3段階で表したものです。
気を付けたいのは、検索ワードの上位に上がる為の難易度を示したものではない。ということです。
あくまで、広告費を払ってキーワードを広めようとしているサイト運営者の競合性という意味です。

以上の事を踏まえ、キーワードを選ぶ際には、「月間平均検索ボリューム」が多く、尚且つ、なるべく「競合性」が低いワードを選ぶのがベストです。

キーワードプランナーの「競合性」の複雑さ

上記で、「月間平均検索ボリューム」が多く「競合性」が少ないワードを選んだ方がいいと述べましたが、それが全てのサイトにとって、必ずしも良いとは限らないので、補足です。

検索ボリュームが多く、そのワードに広告を払っているサイト運営者が少ない(競合性が低い)キーワードは、PV数が稼げても、費用には繋がりにくいワードである可能性があるので、一概に”競合性が少ない方が良い”とは言えないのです。

例えば、「プロバイダ 格安」の競合性は「高」ですが、これは、既にプロバイダの契約を検討している人だから、サイト運営者に取って、お金に直結しやすいという事です。

逆に、「プロバイダとは」というワードの競合性は「低」です。
これは、プロバイダの意味を知りたがってる人であって、契約を結びたがっている人ではないので、コストを掛けてまで広告を出す必要はほぼない。
という事になります。

ですので、基本的には、努力次第でトラフィックが期待できる「月間平均検索ボリューム」が多いワードを優先させ、「競合性」について理解した上で、穴場を見つける感覚で「競合性」の低いワードを選びましょう。

キーワードプランナーの使い方のまとめ

キーワードプランナーはSEO対策において、とても役に立つツールです。
Googleが無料で提供しているツールなので、使ったことがない人は是非一度、お試しください。