株式会社Karigo

起業、独立、開業のビジネスツール、サービスは株式会社Karigo

似て非なる!?「署名」と「記名」

皆さんは、契約書に署名(サイン)をした経験はおありでしょうか?

契約書とは?

口頭による合意「口約束」であっても「契約」は成立します。
しかし後日、双方が言った・言わないから起こる争いを回避する為には、契約の内容が記入された書面の「契約書」が必要でしょう。
そしてその書面の内容について、当事者同士が合意・承諾する為に、「署名(サイン)」や「記名押印」をします。

「署名(サイン)」と「記名」は違うの!?

契約書を作成すると、書面の最後に必ず「署名(サイン)」や「記名押印」をします。
皆さんが「署名(サイン)」や「記名押印」をすることによって、契約書の内容に合意をし、約束を履行する事が必要となります。

皆さんは、契約書の最後に何気なく記入している「署名」と「記名」の違いはご存じでしょうか?

署名 : 自らの手で、本人の氏名・住所を書くこと

氏名を自分で手書きすることで、書類が「正式」な書類として認められる為、捺印が不要です。
筆跡鑑定において、本人が契約をしたという明らかな証拠となります。

記名:本人の氏名や会社の名前を彫ったゴム印で捺印すること

パソコンで入力したものによる印刷や、他人による代筆で本人の氏名・住所を書くことを言います。

記名には本人の筆跡が残っていない為、本人が契約したという証拠能力が低くなります。
そのため、記名の場合は必ず末尾に本人の印鑑を押印します。
記名+押印」することで「署名」に代わります。

古来の習慣

私たちが生活している日本では、法律上意味がある文書には印鑑を押す習慣・伝統があります。
今日でも「署名(サイン)」よりも「印鑑」に比重が置かれています。

最後に印鑑を押すことで書面の内容を理解して約束しましたという、意思表示がなされたと、みなします。

捺印と押印は違うの!?

判を押すという意味は、同じです。
ここでも日本社会の習慣・伝統により「署名(サイン)捺印」・「記名押印」と使い分けています。

捺印・押印の正しい位置は!?

捺印・押印をするときにも諸説あります。

  • 印鑑を複製されないように、名前の最後の一文字に掛かるように判を押すこと
  • 前に掛かり過ぎると、名前や印影が見えにくくなる為に、可読性が落ちる
aaa

まとめ

「署名」と「記名」は同様に氏名を記載する事ですが、契約上の効力に於いて違いがあります。

証拠力の順位
  • 1位:署名(サイン)捺印
  • 2位:署名(サイン)
  • 3位:記名押印
  • 4位:記名

上記を踏まえ、契約内容をしっかり確認・理解をした上で、「署名」や「記名押印」をしましょう!!