株式会社Karigo

起業、独立、開業のビジネスツール、サービスは株式会社Karigo

ウイルスはマスクでは防げないのに風邪予防!?それでもマスクをつける効果とは?

ウイルスは防げないのになぜマスクは使われ続けるのか

寒い季節が近づいてくるとマスクをする人がかなり増えてきます。
でも一昔前よりだいぶマスクをする人が増えてきたと思いませんか?
みなさんはどのような理由でマスクをつけているのでしょうか?
風邪?風邪予防?花粉症?それとも・・・?

一番使用用途として多いのが風邪予防だと思いますが、実はマスクはウイルスを防ぎきることができません。ウイルスというものは顕微鏡でも見えないほど小さいので、マスクの繊維の間や鼻とマスクの隙間をくぐりぬけてしまうからなんです。

それでもマスクには風邪予防に役立つことが沢山ありますのでご紹介します。

マスクによる風邪予防効果

p1

風邪の拡散防止

ウイルスを完全に防ぐことは難しいですが、自分が風邪をひいてしまった時に風邪を周りの人に移すのを防ぐことができます。咳が出る時は必ずマスクをするのがエチケットです。

マスク内の湿度が保たれる

マスクをしていると湿度がこもって保たれるのでのどの痛みが楽になったり、のどの粘膜にウイルスが付着しやすい状態を予防することができます。
保湿効果により唇のひび割れや肌の乾燥を防いで、お肌の血行が良くなることは女性にとってうれしい効果ですね。

温かい

当然ですがマスクをしていると温かいですよね。
のど付近が温かくなることで、冷たい乾燥した空気を好むウイルスの活動を弱めることができ、結果風邪予防につながるというわけです。

日常的にマスクを使う理由

また最近では風邪予防ではなく違った用途で日常的にマスクを使う人が増えているのをご存知でしょうか?

p2

臭い対策

食事の後の口臭予防や、逆に周囲のニオイを嗅ぎたくないといった理由でも使われています。マスクもかなり多様化していて香り付き、メイクが落ちにくいなどの機能付きマスクもでてきています。

すっぴん隠し

寝坊して化粧する時間がなかった時や、化粧をするのが面倒な時も、アイラインと眉毛だけ描いてマスクをすれば十分だし、顔の半分はカバーできるので全体が出ているよりは安心できるようです。

自己防衛のため

人と話さずに済む、仕事中に眠いのを隠す、顔のコンプレックスを隠せる、単に落ち着く、などといった少し自己防衛的な使い方をする場合もあります。

まとめ

このように最近は「だてマスク」と呼ばれる使い方をする人が増えてきていることもあり、顔の輪郭を美しく見せる形にこだわったマスクや、柄やワンポイントが入ったオシャレマスクまで作られています。

美容や健康、心理的にも役立つマスク。上手に利用して風邪をひかないで気持ちよく、毎日を過ごしたいですね!