株式会社Karigo

起業、独立、開業のビジネスツール、サービスは株式会社Karigo

スタッフインタビュー

通信サービス事業部 Esanさん

スタッフインタビュー
どんな業務を担当していますか?
通信サービス事業部電話代行課のリーダーとしてお客様対応とスタッフのマネジメントを行っています。
電話代行サービスというものは聞き慣れない方も多いかもしれませんが、簡単に言うと「お客様の会社の一員として会社の代表番号(またはお問い合わせ番号)にかかってきた電話を対応する」というサービスです。
お客様に代わって電話を取ることにより、まさに「挑戦者(お客様)の時を創造している」というわけです。
私ももちろん電話代行の電話を取りながら、新規でお申し込みのお客様への対応内容のヒアリングや、お問い合わせ対応、設定業務、スタッフ内の情報共有など業務は書ききれないほどあります(笑)
どんなところが大変な仕事ですか?
やはり大きく言うと「その会社の一員として電話に出ているけれども、当然実際の社員ほど会社の知識がない」ということですね。
お申し込み時にある程度会社情報をいただいてはいますが、例えば実際の最寄駅から会社への行き方がわからなかったり、お客様から指名された従業員が在籍しているか、など聞かれて返答に困ることもあります。
時にはクレームも受けます。
ただそういったケースにもうまく対応できるよう、お客様に確認することもありますし、スタッフ同士で返答の仕方を相談したり、お客様との会話の中で得られた情報をまとめてスタッフ内で共有したりして、忙しいお客様をなるべく煩わせないようにしながら対応がスムーズにいくよう日々努力しています。
その仕事の面白いところや醍醐味、やりがいを感じる部分はどこですか?
一日で様々な会社の電話を取れるので単純に面白いです。様々な役を演じる女優のように(笑)
通販会社で働いたことはありませんが、働いている気になりますし、弁護士事務所で働いている気分にもなれます。世の中にはこんなにいろんな会社があるのか、こういう仕事もあるのか、と視野が広がりました。私たちが電話代行の電話を取ることによって、お客様が仕事に集中できてお役に立てていると感じていますし、チームで声かけあったり、情報共有がうまくいったりするとこのチームでよかったなぁとやりがいを感じます。
今後、どのようにステップアップしてキャリアを積んでいきたいと考えていますか?
まずは、電話代行以外の通信サービス全般(転送電話、インターネットFAX、IP電話)もきちんと統括して、お客様にとって利用しやすいWEBサイトにしたり、新しいサービスを考えていけるようになりたいと思っています。
それが達成できたら、将来的にはさらに別事業のことも把握してKarigo全体をみれるような役割の人間になって行きたいですね。
その頃にはきっとほかのサービスもかなり増えているはずなので予定が変わりそうではあります。
会社の良いところや課題を教えてください
良いところは、規模が小さいので社長含め社員全員が近いこと。
業務は有り余っているし、探せば湧いて出てくる状態なので、手を挙げて遮られることはありません。
どんどんいろんなことに挑戦できるところですね。
課題は・・職種などによって、拠点が異なったり在宅である為、毎日同じ場所で顔合わが出来る状態よりは、コミュニケーションがとりにくいところかもしれません。スカイプや内線などで頻繁にやり取りすることになりますが、そのようなコミュニケーションツールを使って、口頭でもテキストでもやりとりが難なくできる人でないと業務がやりづらいかもしれません。(逆に顔合わせると恥ずかしくて話せないというタイプの人にはいいかも(笑)。
最後にKarigoに入社しようとしている人へメッセージをお願いします
Karigoにはいろんな可能性があります。挑戦できる機会が溢れています。
なんとなく仕事をするだけではつまらない、日々変化を好む人にはオススメの会社です!
私は挑戦する人を支えることにとてもやりがいを感じていますので、それはお客様でもあるし、アナタのことでもあります。一緒に働きたいなと思ってくれたアナタのことはしっかり私がサポートします!研修から悩み相談まで、一緒に美味しいランチに出たりして、ぜひ一緒に楽しみながら笑顔で働けたらいいな、と思っています。
バラエティに富んだメンバー一同、お待ちしています!