株式会社Karigo

起業、独立、開業のビジネスツール、サービスは株式会社Karigo

2016年2月5日 | Googleが日本語リンクプログラム(リンク売買サイト)に制裁を実行

リンクプログラムへの制裁

先日Googleが国内のリンク売買サイトに対して制裁を加えたという発表を行いました。
Google検索結果における順位の不正操作を目的に外部リンクの売買を提供している複数のリンク売買サイトに制裁を実施したことを公式で発表したというものです。
また、公式ガイドラインの違反を繰り返しているサイトには通常よりも厳しい対策を施したことも明らかにしています。
こうして公式ガイドラインで制裁措置を公表するということは、Googleの強い意志を感じますね。

リンク プログラムのネットワークに対策を行いました
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2016/02/japanese-link-network-takedown.html

リンクプログラムとは何か

PageRankやGoogle検索結果でのサイトのランキングを操作することを意図したリンクは、リンクプログラムの一部と見なされる。

検索結果でのサイトのランキングに悪影響を与える可能性のあるリンクプログラムの例としては、次のようなものが挙げられます

・PageRankを転送するリンクの売買。これには、リンク、またはリンクを含む投稿に対する金銭のやり取り、リンクに対する物品やサービスのやり取り、商品について書いてリンクすることと引き換えに「無料」で商品を送ることなどが含まれます。

・過剰なリンク交換、または相互リンクのみを目的としてパートナーページを作成すること。

・アンカーテキストリンクにキーワードを豊富に使用した、大規模なアーティクルマーケティングキャンペーンやゲスト投稿キャンペーン。

・自動化されたプログラムやサービスを使用して自分のサイトへのリンクを作成すること。

リンク プログラム
https://support.google.com/webmasters/answer/66356

自演リンク・有料リンクに代表される、いわゆるブラックハットSEOというやつですね。
ブラックハットSEOがいまだに行われているのは、上位表示に対して即効性があるからです。
検索順位決定の為のサイト評価に外部リンク要素を取り入れている限り、不正リンクは無くならないと思いますが、今回のように強く制裁する姿勢を見せたという事は、今後検索アルゴリズムに変化を加えるかもしれませんね。

まとめ

アフィリエイターや長期運営をするつもりがないサイトではブラックハットだろうがホワイトハットだろうが、検索順位さえ上がれば良いと考える人もいるでしょうが、企業のSEO担当の方には、人工的なリンクの増加で検索順位を上げようとするのは費用対効果にあわない、という認識を持つ必要があります。
当社では、売買による被リンクの獲得ではなくコンテンツの充実化による自然リンクの獲得で検索順位の上昇策を取っていますが、1か月半でアクセス数は5倍になりました。
ユーザーと真摯に向き合い、ユーザーに価値があるコンテンツを作り続けることが、質の高いリンクを獲得する一番の近道であると思います。