株式会社Karigo

起業、独立、開業のビジネスツール、サービスは株式会社Karigo

SNSやブログをビジネスで活用!ネット集客のポイント

情報配信ツールを使って自社サービスを拡散させよう

2016年1月、女子学生が自身のTwitterで祖父の設計したノートを紹介したところ、Twitter上でノートの評判が広がり、祖父の勤める会社にノートの注文が殺到した、というニュースが話題になりました。

「おじいちゃんのノート」に大反響 孫がツイッターで拡散→在庫の山に注文殺到 奇跡を生んだ数々の偶然
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160104-00000002-withnews-sci

プライベートのコミュニケーションツールや趣味として利用されている人の多いブログやSNSですが、ビジネスにも大変役立つツールでもあるのは皆さんご存知でしょう。
しかし、ただコメントするだけでは、販促には繋がりません。
今回は、SNSやブログで上手に販促する為のポイントをご紹介いたします。

ユーザーの多いSNSを活用する

ユーザーの多いSNS

当然のことながら、ユーザーが少ないSNSやブログでは、その拡散性もユーザー数に応じて低くなります。
利用するSNSはTwitterやFacebook、最近日本でも増えてきたInstagramなどがよいでしょう。
同じSNSでも、Twitterは短文を簡単にアップ、Facebookは実名登録で信用性が高い、Instagramは写真や短い動画配信が主、などそれぞれ特徴がありますので、自分のビジネスに合うものをチョイスしましょう。

複数のメディアを活用する

複数のメディア

SNSの他に、ブログや動画配信サイトも併用すると、より効果的です。
また、SNSとブログにはメディアとしての長所が異なり、併用することで2つの良い部分をより引き出すことができます。

ブログは、投稿記事がストックされ続けるメディアで、1年2年、10年前の記事であっても検索エンジンにヒットし、閲覧者が訪れることがあります。
一方SNSはフロー型メディアと呼ばれており、投稿記事が時間の経過とともに下へ流れていき、いずれフィードから姿を消してしまいます。
また、SNSの投稿記事は、検索エンジンから直接アクセスできることはほとんどありません。
上記のように書くと、「ブログだけでいいじゃん!」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、SNSの最大の長所はその拡散性です。
ブログに良質な記事を積み上げ、検索でヒットさせて閲覧者を増やす→SNSで拡散し、ブログへのアクセスをさらに増やす、という二段活用が最も効果的な販促方法です。
また、SNSを通じて他ユーザーと気軽にコミュニケーションを取り、ファンを増やすのもビジネスにはとても有効です。

Youtubeなどの動画配信サイトでは、文章だけでは伝わりにくいことも表現でき、ユーザーの方も読む労力なく気軽に見られるので、こちらもできれば併用していきたいところです。

定時配信を心がける

時間の使い方

ブログの記事を気に入ったものの、次の配信がなかなかされないと、もう見るのをやめてしまいませんか?
バラバラの日時に配信していると、せっかく配信しても配信していることに気付いてもらえないこともあります。
毎週同じ時間、できれば毎日同じ時間帯に、記事を配信するようにするとよいでしょう。

記事の内容を工夫する

記事の内容を考える

実際の記事の内容も、検索にヒットしやすいようにしたり、目を向けてもらえるような工夫が必要です。

タグを効果的に使う

タグは記事や動画に関連するキーワードを、複数盛り込むのがよいでしょう。
例えば「肩甲骨の運動で背中痩せ!肩甲骨の体操」の動画をアップロードする場合、タグには「肩甲骨、ダイエット、背中美人、3分間(3分間の体操の場合)」など。
あくまで、記事と直接関係があるものや連想されるキーワードのみピンポイントで入れるようにしましょう。

より多くの検索にヒットして閲覧数を増やす為、手当たり次第にタグをつけている動画や記事をたまに見かけますが、中には全く関係がないタグも多く盛り込まれており、こういったやり方に批判が集中することもありますので、マネしないようにしましょう。

SNS限定のサービスを展開する

「Facebookを見てのご来店はお会計から10%引き!」「フォロワー限定販売」などよく見かけますが、自由自在にアイディアを絞ってみてください!

閲覧者とのコミュニケーションを取り、ファンを増やす

SNSやブログにコメントしてくれる方がいたら、できる限り返信をするようにしましょう。
また、こちらからも積極的に他ユーザーへコミュニケーションを取って、人脈を広げていくとよりよいでしょう。
その際、ターゲットを絞ってコミュニケーションを取るのもお勧めです。
例えば冒頭で記載した祖父のノートのニュースですが、設計向けの特殊なノートだった為女子学生はTwitterでやり取りしているイラストレーターに向けてツイートしたところ、とても受けがよく、そこから拡散されたそうです。

まとめ

いかがでしたか?
SNSやブログでの販促は、費用0円から始められる、場所・時間を選ばずアップできるなど上記で挙げた以外にも多くの利点があります。
使い方を工夫することで、新たな活用方法が生まれるかもしれません。