株式会社Karigo

起業、独立、開業のビジネスツール、サービスは株式会社Karigo

今更聞けない!?クラウドファンディングとは

資金調達、投資にクラウドファンディングという方法

起業や独立を考えたときに必ず課題となるのが資金の調達です。

自己資金が豊富にあればいいのですが、誰もが自己資金だけで起業、独立できる訳ではありません。
むしろ、資金調達が必須というケースの方が多いと思います。

資金調達といっても起業時は当然会社としての実績もありませんし、銀行からの信用もありません。何行も銀行を回っても融資を受けられないという話はよく聞きます。
しかし、今銀行に頼らずとも資金調達ができるという事で注目を集めているクラウドファンディングという資金調達方法があります。

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは群衆(crowd)資金調達(funding)を合体させた造語で、インターネットを通して会社の商品・サービスもしくはアイディアの魅力を訴え、共感を得た個人から小口の出資金を集める資金調達方法です。

例えば、ある会社が商品の製作費用を調達したい場合、その商品を作りたい理由、方法、商品の詳細、必要な金額、出資者に対しての見返りなどの情報をクラウドファンディングのサイト上に登録、プロジェクトに魅力を感じた人から一定期間出資を募り、目標の資金が集まった時点でプロジェクトを実行に移します。
その際、プロジェクトを企画した会社は、クラウドファンディングの運営側に、手数料を支払います。

クラウドファンディングの種類

クラウドファンディングは、出資者が貰える見返りの内容によって大きく3つに分類されます。
寄付型:投資したい会社への無償での資金提供
代表的なサイト JAPANGIVING

金融型:投資額が利息付きで返ってくる
代表的なサイト SBIソーシャルレンディングセキュリテ

購入型:商品購入時やサービスを受ける際に優待される
代表的なサイト CAMPFIREREADYFORKickstarter

クラウドファンディングのメリット

では具体的にクラウドファンディングの良いところはどんなところなのでしょうか?

【会社のメリット】

やはり、銀行や行政に頼らず資金を集められるというのが最大のメリットでしょう。
まだ実績や知名度がない会社でも、自社の商品やサービスの魅力をアピールし、賛同してもらえれば資金が集まってきます。

ソーシャルメディアを使って出資者からニーズや要望をきく事も容易です。
また、株主とは違うので出資者から経営方針や運営方法について口出しされる事はありません。

【出資者のメリット】

少額から出資ができるので、投資リスクが低いことと、「購入型」であれば、出資額に応じた見返りを受けられます。

クラウドファンディングのデメリット

メリットを見ると画期的でいいシステムのように見えますが、いい事ばかりとも言えないようです。

【会社のデメリット】

商品やサービスの内容を公開することになるので、それを見た他の会社に簡単に真似されてしまうケースや、プロジェクトが失敗した場合、それが公となり、失敗した会社として多くの人に認知されてしまうケースがあります。

【出資者のデメリット】

目標額が集まり、プロジェクトが実行されたが問題が生じて継続不能となった場合、出資したお金は戻ってきません
また、資金が集まったがプロジェクトは実行されず、出資金をそのまま持ち逃げされるという事もあるそうです。

まとめ

やはりいい事尽くめという事はないようです。
どんな事でもメリットとデメリットをよく把握した上で、それぞれにあった方法を
選択していく事が大切です。